大阪で人気の振袖レンタルショップを紹介

        
あなたに似合う振袖の「色」は?性格・体型・顔別!おすすめ振袖カラー大全

あなたにぴったりな振袖がきっと見つかる!
大阪のおすすめ販売・レンタル店3

ギャル風メイクもアレンジもバッチリ!あなたの「カワイイ」を応援します
自分の好きな振袖がきっと見つかる!常時2000点以上の振袖点数ヘアメイク・アレンジが上品と評判
全国に多数の店舗を展開!大手ならではの安定感。あなたらしく自由に

はじめての振袖 振袖とはどんな着物?着付けに必要なものは?

成人式と言えば「振袖」ですが、そもそも振袖とはどのような着物なのでしょうか。また、振袖を着るにはメインの着物以外にも必要なものがあります。このページでは振袖がどのような着物なのかということや着付けに必要なものについて紹介します。

振袖とは?

振袖は未婚女性が着る着物の中で一番格式が高いとされています。振袖の語源は「袖を振る」ことにあると言われているほど、ほかの着物に比べると袖が長いことが特徴と言えます。成人式ではハタチのお祝いとしてたくさんの女の子が振袖を着るほか、成人式に出席しない人でも記念として写真スタジオで振袖姿を撮影するなど一生の思い出になるイベントです。そんな振袖にはいくつか種類やそれぞれに着用シーンがあります。

振袖の種類

振袖は袖の長さによっておもに3種類に分けられ、着物としての格や着用シーンも違います。それぞれの特徴を見ていきましょう。

大振袖

「大振袖」は別名「引き振袖」や「引き振り」、「お引きずり」などと言われることもあり、袖丈が104cm~120cm前後あって振袖の中では最も格式が高いとされています。大胆な模様があしらわれた華やかなものをはじめ、無地の振袖までデザインも豊富で、足首まで届くほどの長い袖丈が上品な美しさを演出してくれます。花嫁衣裳としてよく着られる特別な着物ですが、最近では成人式で着る方も増えています。

中振袖

中振袖は大振袖に次ぐ格式の礼装で、振袖の長さは100cm前後です。中振袖の場合、着ると袖がふくらはぎあたりまで届くことになります。成人式で着るのは基本的にこの中振袖になりますが、最近ではあまり大振袖とは区別されなくなってきています。ちなみに結婚式では花嫁が大振袖を着る場合には、ゲストは衣装が似てしまわないようにこの中振袖を着るのが礼儀とされているので注意が必要です。

小振袖

「小振袖」は袖丈が60cm~80cm前後あって、その長さから「二尺袖」と言われることもあります。振袖の中では一番袖が短いことからかわいい雰囲気を持っているほか、軽くて動きやすいというメリットがあります。着ると袖が膝あたりまで届いて袴やブーツなどと合わせたときのバランスがちょうどよいため、卒業式で着用するのにぴったりの振袖です。また観劇やちょっとしたパーティーなどに着ていくのにも適したカジュアルな着物です。

振袖の着付けに何を準備すればいいか?

成人式と言えば「振袖」ですが着る前に揃えなくてはならないものがあります。振袖を着るにあたって準備しておきたいものを紹介していきます。

肌着

肌着類で準備する必要があるのは足袋と肌襦袢(はだじゅばん)、そしてタオルです。振袖のように礼装として着る着物に合わせるのは白足袋が鉄則です。肌襦袢はキャミソールのようなもので、ワンピース型のものと上下でわかれているものがありますが、どちらでも問題ありません。タオルには着物が似合う体型を作るために身体の形を補正する役割があります。体型によって必要な枚数は違ってきますが、5枚程度用意しておくと良いでしょう。

長襦袢と衿芯

肌着の上に着るものとして長襦袢(ながじゅばん)と衿芯(えりしん)が必要になります。長襦袢は振袖の下に着るもう一枚の着物で、最初は着物を汗などで汚さないために着るものでしたが、最近では着物の首元や袖から見えることから重ね着の感覚でコーディネートを楽しむ人も増えています。衿芯は長襦袢の衿の中に通して使用するもので、襟をきれいな形に整える目的があります。

小物類

小物類も着付けに欠かすことができません。腰紐は着物がはだけてしまわないようにするための紐で、長襦袢用と着物用に1本ずつと、仮紐としてもう1本用意しておくとよいでしょう。ほかには帯を締めるときに帯枕と帯板なども必要になります。小物類もたくさんありますが、どれも着付けには欠かせないため前もって用意しておきましょう。着付けに必要なセットをまとめて用意している着物店も多いので、そうしたセットが付いているプランを選択すると安心です。

振袖についてまとめ

以前は日本人の体格が小さかったこともあり、未婚女性の正装と言えば中振袖がメインでしたが、最近では平均身長も高くなってきたため、大振袖でも着こなせる人が増えています。成人式の主役は新成人ですので、ぜひ自分に似合うものや気に入った振袖を自由に選んでみてください。
また、振袖を着る際にはさまざまなものを用意しなければなりません。成人式の晴れ舞台でかわいい振袖を着るためにチェックは入念にしておきましょう。