大阪で人気の振袖レンタルショップを紹介

        
あなたに似合う振袖の「色」は?性格・体型・顔別!おすすめ振袖カラー大全

あなたにぴったりな振袖がきっと見つかる!
大阪のおすすめ販売・レンタル店3

ギャル風メイクもアレンジもバッチリ!あなたの「カワイイ」を応援します
自分の好きな振袖がきっと見つかる!常時2000点以上の振袖点数ヘアメイク・アレンジが上品と評判
全国に多数の店舗を展開!大手ならではの安定感。あなたらしく自由に

振袖美人になるために!押さえておきたい振袖マナー

振袖は華麗な日本伝統の服装ですが、立ち方や座り方、食事作法など身のこなしに普段とは違う動きが求められます。さまざまなシーンごとに振袖ならではの立ち振る舞いを知っているかどうかで大きな差が出ます。でも一つひとつをそんなに難しく考える必要はありません。ポイントを意識して行動すればだんだんスムーズに動けるようになります。こちらのページでは美しい振袖姿の基本やシーンごとの立ち振る舞いをまとめました。

基本の動作

立つ・歩く

まず振袖姿の基本姿勢ですが、頭のてっぺんから糸で引っ張られているような感覚で背筋をピンと伸ばしてみてください。無理に胸を張ろうとしたり、足を内股にしたりする必要はありません。自然に姿勢よく、しゃんと立つような感じで大丈夫です。
歩くときは足の親指に力を入れて踏み出すと安定して歩くことができます。歩幅はちょうど自分の足のサイズくらい、小さめの歩幅で歩くとよいでしょう。裾を乱してバタバタと歩くのはきれいに見えないためNGです。あと、腕や手は袖の外にあまり露出させないというのがマナーなので、軽くひじをまげて手のひらを軽く握っておきましょう。

階段の上り下り

平地は良いとしてちょっとした難関になるのが階段です。天候が悪いときなどはとくに階段の上り下りで袖や裾を踏まないよう気を付けます。左足からのつま先立ちを意識してゆっくり階段を上り下りすることや少し体を斜めにするのがコツです。振袖の袖は長いので左右の袖を重ねて左手にかけ、肌が見えすぎないようにしながら右手で少し裾を持ちあげると歩きやすいです。

座る

いすに座る場合は袖を前で重ねるようにして持ち、帯がつぶれないように浅めにかけましょう。バッグを背もたれと身体の間に置けば、ちょうど良い間隔を空けることができます。袖はひざの上に重ねて置いて床に落ちないようにしましょう。
ソファーのような低いいすに座る場合は裾が広がってしまいやすいため、足が広がらないように気を付けてください。
座敷などに座る場合はやはり背筋を伸ばし、両足をはなすのではなく揃えて座るようにします。立つときはつま先を揃えて裾を踏まないよう注意します。

話す

振袖は成人式やパーティー、結婚式などで着るため、久しぶりに会う友人や懐かしい人たちとの再会で楽しくてはしゃぎたくなるもの。でも振袖は礼装つまりフォーマルウェアです。品格を持った振る舞いが求められる服装ですので、大人の女性としてその場にふさわしいエレガントな話し方を心がけられるとすばらしいですね。

食事をする

大事な振袖を汚さないために食事のときには大きめのハンカチをひざに敷いておくと良いでしょう。また袖の扱いにも注意が必要です。お箸で料理を取るときや食べるときは箸を持つ手と反対の手を添えて食べるようにします。とくに少し離れた場所の料理を取るときは腕がむき出しにならないよう袖口をもう片方の手で抑えるように気を付けます。

こんな時はどうすればいい?

落とした物を拾いたい時

慌ててかがんでしまうと、振袖の袖が汚れたり着崩れの原因になったりしてしまいます。まずは落ち着いて右手で両方の袖をまとめて持ちながら上前を抑えて身体を少し斜めにし、左ひざの方を深く折るようにして腰をすっと落とします。こうすることで見た目がとても美しいだけでなく、裾が汚れたり着崩れしたりする心配をせずにすみます。

トイレに行きたい時

着物を着ているときはできるだけ広めの個室や洋式のトイレを選ぶようにしましょう。トイレでの所作は着崩れの原因にもなりやすいですが、ポイントは袖と裾の扱い方です。
最初に両方の袖は軽く前で結ぶかクリップなどを使って留めておきます。それから着物を折り返さずにたくし上げ、裾を帯留めに挟んでいきます。着物の下にある長襦袢や裾よけなどもめくり上げて帯締めに挟んでいきます。
終わったら、逆の手順で下からていねいに戻していってください。個室を出る前には裾やおはしょりがめくれたままになっていないか後ろの状態もしっかり確認しておきましょう。

車に乗る時

普段しているように頭や足から先に車に乗り込むと着崩れを起こしてしまいます。そのため、お尻の方から座席に入る形を取ります。最初に袂を左手に、裾は右手で軽く持ちながら横向きに浅く車のシートに座ります。次に髪形を崩さないよう頭を低く下げ、身体を90度回して正面を向くようにします。車に乗ったあとは裾を整え、帯がつぶれないよう背もたれは使わず浅めに座るよう注意します。車を降りるときは両足を揃えて地面に下ろし、ゆっくりと身体を起こして降りるようにしましょう。

振袖マナーのまとめ

いかがでしたか?慣れていないと難しく感じる振袖のマナーですが、せっかくの振袖を着るチャンスには所作が美しく見える「振袖のマナー」をマスターしてワンランク上の振袖姿を目指しましょう。