大阪で人気の振袖レンタルショップを紹介

        
あなたに似合う振袖の「色」は?性格・体型・顔別!おすすめ振袖カラー大全

あなたにぴったりな振袖がきっと見つかる!
大阪のおすすめ販売・レンタル店3

ギャル風メイクもアレンジもバッチリ!あなたの「カワイイ」を応援します
自分の好きな振袖がきっと見つかる!常時2000点以上の振袖点数ヘアメイク・アレンジが上品と評判
全国に多数の店舗を展開!大手ならではの安定感。あなたらしく自由に

振袖の魅力をさらに引き立てる!帯・小物の種類と選び方

着物に必須と言っていい「帯」や「小物」ですが、せっかくすてきな振袖を選んでも帯・小物類の選択に失敗すると残念な結果になることも。着物と同じで帯にも格式やふさわしい柄、結び方などがあります。このページでは帯や小物の種類やその選び方についてご紹介します。

振袖に合わせる帯の選び方

和装にはさまざまな種類の帯があり、それぞれ幅や長さ、格などが違います。振袖を着る時に使われるのは「袋帯」と呼ばれ、表地と裏地に2枚の生地を縫い合わせて袋状に仕立てられた帯。袋帯はフォーマルな帯とされていて、織り帯が一般的です。袋帯は長尺(約4.5m)に仕立ててあることが多く、その長さを活かして振袖にふさわしい飾り結びや変わり結びができるようになっています。

元々「丸帯」と言われる帯から発展したもので、最も格上とされている帯です。特徴は裏・表地とも同じ生地を用いて通常の帯の倍になる幅の帯地を2つ折りにし、片側を縫い合わせて仕立ててあります。とても豪華で高級品とされていますが、表裏が同じ生地を使っているため厚みがあり、締めにくいのが難点です。そのため、現在では締めやすい袋帯が主流になっているという経緯があります。

帯の結び方の基本は?

振袖の帯結びの基本としてここでは3種類の結び方をご紹介します。

文庫系

帯の上部分でリボン結びをしたような感じの定番の結び方。左右にふんわりと下がったかわいらしい結び方です。浴衣などでも使える結び方で、自分で着付けをする場合でも比較的結びやすい方法です。

立て矢系

立て矢系は羽が斜めになった形で縦に矢が刺さったように見えることから、この呼び名が付いています。江戸時代の大奥に使える女中が締めていた結び方になります。
りりしい印象を与える立て矢結びは、背が高い方やきれいに着こなしたい方におすすめです。

お太鼓系

江戸時代の後期に誕生した帯結びで、正方形のお太鼓部分がメインに出る結び方です。後姿はシンプルな感じですが訪問着を着たときにも活用することができます。アレンジのしやすさも魅力のひとつで「ふくら雀」という結び方にすると若々しくかわいい結び方にアレンジできます。

成人式では以上3つの結び方をベースにして、「飾り結び」や「変わり結び」などアレンジを施していきます。上でご紹介したお太鼓系の「ふくら雀」をはじめとして、文庫結びをアレンジした「蝶文庫結び」、「花結び」などがあります。

帯を華やかに見せる小物類

それ自体が華やか帯ですが、そんな帯をさらに彩るのが「帯揚げ」「帯締め」「帯飾り」などの振袖小物。それぞれについて簡単にご紹介します。

帯揚げ

帯の上を飾る布で帯枕にかけて使う小物です。見える部分はわずかですが和装着こなしのアクセントになっていて、最近はバラの花のような形を作るなど、いろいろな締め方が使われています。

帯締め

帯が崩れないように締める紐のことで、基本的には組紐が使われます。最近では振袖のワンポイントとして古典刺繍やパール素材までいろいろなアイテムが用いられています。

帯飾り

帯の上部に差し込んで使う小物で、帯コーディネートのアクセントとしてかわいらしさやモダンな雰囲気などを演出することができます。

不測の事態ために準備しておくと良いもの

成人式の日は晴れてほしいものですが、残念ながら雨ということもあります。こうした不測の事態のために準備しておくと良いものがあります。一つは「振袖コート」と呼ばれる振袖用のレインコート。ケープ状のものや袖のあるものなど形はいろいろありますが、当日の天候次第では用意しておくと安心です。

また、天気にかかわらず替え用の足袋は絶対用意しておきたいアイテム。途中で汚れが目立つようであれば履き替えることができるようにしておきましょう。

帯・小物の種類と選び方のまとめ

今回は帯や小物の種類やその選び方についてご紹介しました。帯は安っぽいと全体がチープな印象になると言われるほど、着物にとっては大切なアイテムです。せっかくの振袖を用意したのなら、すてきな帯や小物を選びましょう。着物と帯の相乗効果によって、お互いを引き立ててくれるに違いありません。